NHK 土曜時代ドラマ「そろばん侍 風の市兵衛」(全9話)

辻堂魁の時代小説「風の市兵衛」シリーズを向井理主演で連続ドラマ化。向井は、武家や商家の家計を預かる“渡り用人”で剣の達人・唐木市兵衛に扮する。

(NHK[全9話]土18:05~)出演:向井理,原田泰造,橋本マナミ,渡辺いっけい,筒井道隆

時は文政。武家の台所は火の車となる一方、町民文化が花開いて貨幣経済が行き渡り、金をめぐるトラブルが後を絶たない。そんな時に頼りにされたのが、期限ごとに雇われて、その家の家計を預かる“渡り用人”。侍にしてそろばんの技も持つ唐木市兵衛(向井理)もその一人で、そうした人材を派遣する口入屋「宰領屋」で仕事を待っていた。 ある日、市兵衛は矢藤太(渡辺いっけい)から頼まれて貧乏旗本の家に入る。主の高松道久は女郎と心中死体となって見つかり、夫を亡くした安曇(村川絵梨)と嫡男の頼之(鈴木福)が残されていた。 道久には50両もの借金があり、金の行方を探った市兵衛は、道久が金を女郎につぎ込んだという話に不審を抱く。



第9話 「帰り船」(下) 2018年07月21日放送分


第8話 「帰り船」(中) 2018年07月14日放送分


第7話 「帰り船」(上) 2018年07月07日放送分


第6話 2018年06月30日放送分


第5話 「雷神」(中) 2018年06月23日放送分


第4話「雷神」(上)2018年06月16日放送分


第3話 「春の風」(下) 2018年06月02日放送分


第2話 「春の風」(中) 2018年05月26日放送分


第1話 2018年05月19日放送分

会員限定で見れない場合はこちら