オトナの土ドラ さくらの親子丼(全8話)

真矢ミキが空腹と心を満たす古本屋店主に。感情ゆさぶる社会派ヒューマンドラマ
子どもや社会的弱者に降りかかってくるさまざまな現代日本の問題を描く


(フジテレビ系 土23:40~)出演:真矢ミキ,吉本実憂,本仮屋ユイカ,塚田僚一

東京・大田区にある古本屋「九十九堂」の奥に、「たまりば」と呼ばれる一室がある。さまざまな事情を抱えた行き場のない人たちがやって来ると、店主の九十九さくら(真矢ミキ)は、黙って親子丼を作って出してくれる。 その親子丼で空腹が満たされた人々が、少しずつ自分のことを話し始めると、ある時は笑顔で励まし、ある時は共に涙を流しながら聞くさくら。「泣きたい時は泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」。それがさくらの口癖だ。今日もまた1人、2人と、現代社会からはみ出してしまいそうな人が、九十九堂を訪れる。



第8話 2017年11月25日放送分


第7話 2017年11月18日放送分


第6話 2017年11月11日更新分


第5話 2017年11月04日放送分


第4話 2017年10月28日放送分


第3話 2017年10月21日放送分


第2話 2017年10月14日放送分


第1話 2017年10月07日放送分

会員限定で見れない場合はこちら