ドラマイズム「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(3)

原作・岡田麿里、漫画・絵本奈央による同名漫画を山田杏奈と玉城ティナのダブル主演で連続ドラマ化。

(TBS系 毎週火曜 25:28~)出演:山田杏奈,玉城ティナ,横田真悠,畑芽育,田中珠里

小野寺和紗(山田杏奈)は文芸部に所属する高校1年生。文芸部には5人の部員が在籍しているが、変わり者が多く、ほかの生徒からは「掃き溜め」とやゆされ、部員は色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。部活動で読む文学作品には性描写が含まれるものもあり、和紗はそこで描かれる行為に気恥ずかしさを覚える一方で、強く興味をひかれる気持ちも否定できないでいた。 ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていると、部員の菅原新菜(玉城ティナ)が「セックスです」と発言。その瞬間から彼女たちは、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く“性”に向き合い、“性”に振り回される日々が始まるー。

荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話《ドラマイズム》 ⇛【Tver】

会員限定で見れない場合はこちら