大河ドラマ「麒麟がくる」(20)

明智光秀を大河ドラマで初めて主役とし、その謎めいた生涯にスポットを当てる一大叙事詩。後に織田信長の盟友となり、天下をめぐり争うこととなる戦国の智将・光秀を長谷川博己が演じる。

(NHK総合 毎週日曜 20:00~)出演:長谷川博己,染谷将太,門脇麦,岡村隆史,川口春奈,伊藤英明,吉田鋼太郎,堺正章,木雅弘

応仁の乱後、世は乱れ、無秩序状態の中で天下を統一し、乱世を治めようとする戦国の英雄たちが登場し始める。そんな中、武士としては身分の低い美濃の牢人として生まれた青年・明智光秀(長谷川博己)は、戦に駆り出されては敵を撃破し、その勇猛果敢な性格と類まれな知力を斎藤道三(本木雅弘)に見いだされていた。 美濃は周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれて、常に攻め込まれる危険を抱えていた。道三に家臣として抜てきされ、重用されるようになった光秀は、ある日、野盗を撃退した際、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。そして、その武器がどんなものなのかを光秀は探ろうと考える。



第20話 「家康への文」


第19話 「信長を暗殺せよ」


第18話 「越前へ」


第17話 「長良川の対決」


第16話 「大きな国」


第15話「道三、わが父に非ず」


第14話 「聖徳寺の会見」


第13話 「帰蝶のはかりごと」


第12話 「十兵衛の嫁」


第11話 「将軍の涙」


第10話 「ひとりぼっちの若君」


第9話 「信長の失敗」


第8話 「同盟のゆくえ」


第7話 「帰蝶の願い」


第6話 「三好長慶襲撃計画」


第5話 「伊平次を探せ」


第4話 「尾張潜入指令」
2020年02月09日放送分


第3話 「美濃の国」
2020年02月02日放送分


第2話「道三の罠」
2020年01月26日放送分


第1話 「光秀、西へ」
2020年01月19日放送分

会員限定で見れない場合はこちら


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...