連続ドラマW 神の手(全5話)

現役医師でもあるベストセラー作家・久坂部羊の同名小説を原作に、“終末期医療における安楽死の是非”を真正面から取り上げ、人生の終焉について問い掛ける社会派医療サスペンス。

(WOWOWプライム [全5話] 毎週日曜 22:00~)出演:椎名桔平,杉本哲太,鈴木砂羽,北村有起哉,星野真里,近藤正臣

腕利きの外科医・白川泰生(椎名桔平)の元に診察を受けに来た21歳の患者・古林章太郎(葉山奨之)は、検査の結果、肛門がんと診断され、白川によって手術を受ける。しかし、数カ月後に転移が判明し、回復の見込みがないまま耐え難い痛みに苦しむようになる。育ての親で伯母の古林晶子(坂井真紀)は、そんな章太郎に付き添ううちに、苦しみから解放してあげたいと白川に安楽死を懇願。苦悩の末、白川は章太郎に安楽死の処置を施す。 しかし、章太郎の母親でジャーナリストの古林康代(鈴木砂羽)は、章太郎の死を知って白川を告発。白川の行為は“殺人”か“過失致死”かと連日取り沙汰される中で、安楽死法案の成立が現実味を帯びていく。



第5話 最終話
2019年07月21日放送分


第4話
2019年07月14日放送分


第3話
2019年07月07日放送分


第2話
2019年06月30日放送分


第1話
2019年06月23日放送分

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...